リスクを防ぐ

青空とビル群

最近はやっているフードは何か、クロワッサンドーナツやエッグスラッド、まだまだ大人気のパンケーキなど、女子の心を掴んで離さないフード情報がいち早く手に入るのは日本国内ならやはり東京になるはずです。
特に山の線の沿線、渋谷、原宿、新宿、東京などは海外から新たなフードが入ってくる窓口みたいなところがあります。
文化の中心地といってもよく、あらゆる国の住人が関わっているということがあって、流行に関係なく、世界各国の料理が揃っているのも地域の特徴になっています。
特にパンケーキブームの頃はハワイアン系の店が次から次に出てきて、魅力的なフードを提供しては女子の心を掴んで離さず、また人気店が増えるとますますブームに火がついていきます。

しかしながらブームを追っていくと、何だか西洋文化のものばかりがもてはやされているように感じられてしまいます。
だけどそれは違っていて、日本料理は世界が認めるものとなっていますし、東京が江戸と呼ばれた時代、その頃に確定した料理は今もしっかりと息づき伝えられています。
例えば蕎麦やウナギなどがそうで、大晦日や土用の丑の日など、しっかりとした意味合いと共に楽しまれているのです。
また流行のパンケーキもしっかりと和風スタイルが存在していますし、これもまた国外との異文化交流の後に新たなものを作り出していると言えるのです。
一部の人はブームを追うのが好きで、新たなものが来た時にそれまで人気だったものが下落することは多くあります。
だけど確かなものは決してなくならずこれからもしっかりと存在していくはずです。